KAIZEN REPORTブログ

ランディングページの制作や改善に関することを
ブログを通じて、出来る限り情報を公開しています。

ランディングページ改善運用の4つのポイント

ランディングページ改善運用の4つのポイント

  関係者一同納得できるランディングページが出来上がったときはとても嬉しいものです。 さらに、そのランディングページがコンバージョン率の高いページだったら言うことがありませんし、ずっと使い続けることでしょう。...
デバイスフォントのデザインでランディングページの印象を作る

デバイスフォントのデザインでランディングページの印象を作る

  「デザイナーが作ったデザインカンプはカッコイイのに、実際にコーディングしてみたら地味に感じるし、何か物足りない・・・」         このような悩みを抱いたことはな...
検索クエリ定点観測による広告運用の改善

検索クエリ定点観測による広告運用の改善

  今回の改善レポートでは、ランディングページ制作と密に関わるリスティング広告に関する記事になります。 以前に「掛け合わせワード」「除外ワードの設定」について書きましたが、今回は「検索クエリ」の話をしたいと思い...
ランディングページ改善運用の基本的な考え方

ランディングページ改善運用の基本的な考え方

  ランディングページを制作し、運用を開始しても、すべてのランディングページが期待通りの成果をあげられるとは限りません。 すぐに成果に直結するケースもあれば、そうでないケースもあるでしょう。  ...
ちょっと差がつくランディングページのパーツデザイン-その1

ちょっと差がつくランディングページのパーツデザイン-その1

  ここ数年で、ランディングページを必要とする業界が以前に比べて幅広くなってきているように思います。     従来は、化粧品や健康食品が中心でしたが、明らかにこれまではランディングページに注...

リスティング広告で効果を出すための「カテゴリ別アロケーション」の考え方

  今回は、ランディングページと密接な関連のあるリスティング広告の、運用の要になる「予算投下」についての記事を書きたいと思います。       「カテゴリ別アロケーション」とは?...

効率よく質の高いLPを開発するフロントエンドテクニック

  「限られた時間の中で高品質なランディングページを開発する」   これはコーディングの依頼を受けたフロントエンドエンジニアの方であれば、どの方にも当てはまることかと思います。  ...
スプリットランテスト

広告文のABテストで、ランディングページへの誘導効率を高める

  私たちが一般消費者として生活を営む中で、広告に触れる機会は数えきれないほどあります。その中には心が動かされて消費に結びつくものもあれば、まったく消費への関心を掻き立てないものもあるでしょう。  ...

ランディングページのシナリオ設計に法則はあるか?

  ランディングページのシナリオやストーリー設計には成功の法則があるのか?と聞かれることが稀にあります。         しかしながら、世の中に同じ商品やサービスはひとつ...

写真や図の効果的な活用で、「直感性の高い」ランディングページをつくる

  良いランディングページを作りたいがために、ついあれもこれも情報を入れたくなり、結果的に、要素が多すぎたり、文章が長すぎて、伝えたいことがかえって伝わりづらいページになってしまった。 そんな経験がおありの方は...

リスティング広告で効果を出すための「掛け合わせキーワード」の考え方

  今回もリスティング広告をテーマに記事を書きたいと思います。         以前、「除外ワードの設定」というテーマの記事を書きましたが、今回は、広告主がユーザーを獲得...

改善・運用のしやすいランディングページのコードとは

  ランディングページは一度作って完成するものではなく、何度も仮説を立て、検証を繰り返し、改善を図りながら育てていくものです。       メインビジュアルのデザイン変更、キャッチ...

ランディングページマーケティングは、「ユーザー視点」がカギになる

  ランディングページを開発する目的は、ユーザーに対してなんらかのアクションを起こしてもらうこと(=コンバージョンの発生)です。     これまでも書いてきましたように企画設計、デザイン、コ...

リスティング広告で効果を出すための「除外ワードの設定」

  今回は、いつもの記事とは少し視点を変えてランディングページとは切り離せない深い関係にあるリスティング広告について書きたいと思います。       さて、リスティング広告で効果を...

ランディングページのトーン&マナーを決める

  デザインのトーン&マナーはもっとも感覚的で共有がしづらいものです。言語化も数値化もしづらいものでもあるため、上手に目指すところを共有できないと何度もやり直すことになってしまいます。 この記事ではトー...