LANDINGPAGE KEYWORDランディングページ用語集

ランディングページ用語集

ランディングページ
オンライン上の広告をクリック/タップした場合や自然検索やブログ/SNSなどを経由して訪れたユーザーが最初に見るWebページのこと。そもそも「ランディング」とは「着地する」という意味で、文字通り「最初に着地したページ」と言われる。リスティング広告を代表としたインターネット広告から来訪してきたユーザーに効果的に商品やサービスを宣伝する上で、重要な役割を担っている。
コンバージョン
商品購入や問い合わせ、会員登録や資料請求など、WEBサイトやランディングページの来訪者の行動による成果のこと。CVともいう。
コンバージョン率
WEBサイトやランディングページを訪れたユーザーのうち、実際にコンバージョン(CV)に至ったユーザーの割合。CVRともいう。
LPO
LandingPageOptimizationの略で、ランディングページ最適化とも言われる。リスティング広告などのインターネット広告からランディングページに訪れたユーザーの行動による成果「コンバージョン」を分析し、より効率的に成果へ結びつけるためにランディングページを継続改善していく取り組みでもある。A/Bテストで獲得効率の良し悪しを検証する場合や対象ユーザーごとのニーズにあわせて複数ページへと最適化していく場合などマーケティング目的によって施策内容は異なってくる。
A/Bテスト
異なる複数のランディングページを均等に表示させ、一定期間の集計データをもとに「どのパターンが最も効果が高いのか」を判定するためのテスト。複数ページを同時配信することにより、公開した時期やタイミングなどの影響を受けにくいことから、変更した要素の優劣について判断しやすいというメリットがある。一般的には一部の要素が異なる2つのページを比較検証することが多く、またコンバージョン率が高かった方のページの要素を取り入れ続けることで、継続的なコンバージョン率の改善へとつなげられる施策にもなる。
CTA
Call To Actionの略で、ランディングページに訪れたユーザーにコンバージョンという行動を起こしてもらための誘導エリア。商品購入や資料請求の入力フォームへのリンクボタンなどを配置することが多い。
Googleアナリティクス
Googleが提供している無料アクセス解析ツール。該当ページに訪れたユーザーの性別/年齢別の統計データや流入経路によるCVの違い、広告の分析などランディングページのパフォーマンスをあらゆる角度から分析できる機能を備える。
リスティング広告
GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した結果が表示されるページに掲載される広告のこと。検索連動型広告ともいう。
ワイヤーフレーム
WEBサイトやランディングページのコンテンツや構成などの骨組みを示した設計書のこと。一般的には、デザインを行う前工程で作られるものを指す。
ファーストビュー
訪問ユーザーがWEBサイトやランディングページで最初に見る画面のこと。WEBサイトやランディングページ全体のデザインやコンバージョン率を決定づける重要な要素でもある。
レスポンシブWebデザイン
パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデバイスが持つ画面幅に合わせて、レイアウトを変更する技術のこと。どのデバイスであっても共通した1つのHTMLファイルを用いるため、ソースコードの管理がしやすいというメリットがある。
フロントエンドエンジニア
制作されたデザインをブラウザ上に再現する分野を担当するエンジニアのこと。htmlやCSSやJavaScriptなどのコードを用いてブウラザ上で表示される部分の記述を担当する。
バックエンドエンジニア
ユーザーが直接目にしたり操作したりしない部分を担当するエンジニアのこと。表に見えない部分を担当するためバックエンドと表現されることが多い。プログラミングやサーバーインフラなどの整備を手がける。