KAIZEN REPORTブログ

カテゴリー "LPデザイン制作の改善" の記事一覧

コンバージョン獲得の確度を高めるランディングページの切り口設計

  良い商品には、良いランディングページを。   ここ数年でランディングページを取り巻く環境は大きく変化しています。あらゆる業界でランディングページの数が増加傾向にあり、競争が激化しています。...
コンバージョンエリア(CTA)改善のポイント

コンバージョンエリア(CTA)改善のポイント

  今回の記事では、ランディングページの制作運用(LPO)に必須であるコンバージョンエリア(CTA)の改善についてお伝えしたいと思います。   ボタンのカラーを変えてみたり、色々な方法を試してみたもの...
LP制作ツールを活用してインハウスでランディングページを制作する

LP制作ツールを活用してインハウスでランディングページを制作する

  コンバージョンラボが開発・提供するLPOクリエイティブツール「CVX(シー・ブイ・エックス)」。デザイン・コーディングの専門知識がなくてもシンプルな操作でLPの制作から改善運用までをインハウスで行うことがで...
ヒートマップツールを用いたランディングページの分析・改善のポイント

ヒートマップツールを用いたランディングページの分析・改善のポイント

  Webマーケティングの集客効率を高めるためには、ランディングページの継続的な分析・改善は欠かせません。ランディングページはその名のとおり、広告の受け皿となることが多く、いかに費用対効果を効率良く運用していけ...
コンバージョンしたキーワード元にランディングページを改善する

コンバージョンしたキーワードを元にランディングページを改善する

  今回の記事では、初期構築後のランディングページの改善についてお伝えいたします。   実際の改善には、ヒートマップやGoogleアナリティクスによる分析結果から、さまざまな切り口が考えられますが、今...
ランディングページの品質チェック

ランディングページの品質チェックのポイント

  今回は「ランディングページの最終的な品質を決めるブラウザ&デバイスチェック」の後編です。   前編では、ランディングページを納品する前に行っている確認事項をご紹介させて頂きましたが、その内...
インハウスでのLP制作に有効な制作ツールとデザインテンプレートの活用方法のご紹介アイキャッチ

インハウスでのLP制作に有効な制作ツールとデザインテンプレートの活用方法のご紹介

  前回の記事「ランディングページ制作における制作費用の考え方」で「WEBページ制作ツールを活用してインハウスでランディングページを制作する」という選択肢についてご紹介させていただきました。   イン...
ランディングページの制作費用における考え方

ランディングページ制作における制作費用の考え方

  はじめに   自社の商品やサービスをネット上で販売するために活用されるランディングページ。売りたい商品・サービスをユーザーに紹介する、いわゆるネット上のお店のような存在です。   そんな...
ランディングページの成否を決める、ワイヤーフレーム設計

良いランディングページの成否を決める、ワイヤーフレーム設計その2

  今回の記事は、ランディングページのワイヤーフレームの設計をテーマにした第二弾の記事になります。ランディングページの制作においては様々な工程がありますが、その中でも最初の工程となるワイヤーフレームの設計は、そ...
文字数や文字量が多いランディングページのデザインのポイント

文字数や文字量が多いランディングページのデザインのポイント

  「テキストを多く入れたい」   デザイン制作会社であればクライアント企業からの要望、社内でランディングページを制作している場合は、企画担当者や商品担当者からの要望で、どうしても文字数や量が多いラン...
1 2 3 4 5 6