KAIZEN REPORTブログ

2014.6.13 | LPデザイン制作の改善

ランディングページとオフィシャルサイトの上手な使い分け

ランディングページとオフィシャルサイトの上手な使い分け メインビジュアル

 

新商品や新サービスなどを開発した際には、公式サイトやサービスサイトなどの新たな構築が必要になります。

 

 

 

ある程度のページ数が必要なウェブサイトにおいては、構築にあたって、様々な社内の調整が必要であったり、ボリューム面からもサイトを設計・改修・構築する上で非常に時間がかかるケースが多いと思います。

 

 

 

場合によっては、着手の方法が見えず、サイトを作ること自体を断念してしまうケースも。

 

 

 

そうこうするうちに、せっかくの新商品や新サービスの販売機会を逸してしまうことも起こりえます。

 

 

 

新商品や新サービスの告知に限らず、何かと規模感のあるオフィシャルサイトやサービスサイトの改修や構築作業には、関わる人も比例して増えるため、自然に時間もコストも想定以上にかかってしまいます。

 

 

 

コストと時間 

 

 

 

サイトごとに役割を変える

 

そこで、サイトごとに役割をうまく変えながら、構築や改修のしやすい衛星的なサイトとして、ランディングページをうまく活用することが事業の推進スピードをゆるめず、機会損失をしないための一つの方法になると考えています。

 

 

 

ランディングページであれば、オフィシャルサイトやサービスサイトなどのページボリュームの多いサイトの構築に比べて、スピーディーにつくることができ、かつ、改修もしやすいという特徴があります。

 

 

 

また、商品別やサービス別、あるいはターゲット別に新規のランディングページを複数に展開していくこともスピーディーに実現できるのが特徴です。

 

 

 

特に、自社の商品やサービスで、“もしかしたら、こうかもしれない”という仮説をいくつか持たれている経営者様やマーケティングご担当者様などは、仮説をスピーディーに形にするマーケティングツールとしてランディングページは、非常に有効です。

 

 

 

オフィシャルサイトやサービスサイトをユーザーへの理解促進ツール

として活用し、ランディングページは衛星的に興味喚起を促す広告ツールとして、上手に使い分けていくことが、ビジネスの速度を速めながら、PDCAをうまく回していくためのWebマーケティングの肝になると思います。

 

 

 

 

ランディングページによるwebマーケティング

 

 

 

 

ですから、まずはオフィシャルサイトやサービスサイトの構築・改修が必要だとなる前に、ビジネスやマーケティングの計画そのもののから俯瞰的にマーケティングを捉え、大掛かりなサイトの構築・改修前に、より小さく試せる、または、商品・サービスごとにフレキシブルなプロモーション展開が可能な方法として、ランディングページを視野に入れていただくのも良いかと思います。

 

 

 

コンシューマー向けの消費財やサービスを扱う企業では、すでに多くの企業で実践されています。

 

 

 

そうした企業からのご依頼としては、既にたくさんのランディングページを構築・運用してきた中で、これまでにない切り口や見せ方、表現方法を用いたランディングページを構築したいというご依頼をコンバージョンラボでは、多数いただいております。

 

 

 

また、一方でランディングページを全く作ったことがない対法人向けのサービスをご提供される企業から、依頼を受けることも多くあります。

 

 

 

一般消費財を扱う企業に比べて、ランディングページに馴染みがないケースが多いのですが、最近では、そうした法人向けサービスを行なう企業からの依頼も業種や規模を問わず、増えてきています。

 

 

 

ランディングページの有効性と様々な役割

 

 

一度、ランディングページの有効性や効果を実感して頂くと、2本目−3本目と戦略の拡大とともに、ランディングページそのものを増やしていかれるケースもあります。

 

 

 

それだけ、開設のしやすさと運用・改修のしやすさが、ページ数の多いサイトに比べて際立っているからだと思います。

 

 

 

コンバージョンラボとしては、あらゆるビジネス領域でのランディングページ需要が高まっていく中で、従来型の売り込み型だけに終始しない形で、様々な視点からランディングページを構築していくことが重要と捉えています。

 

 

 

ランディングページの様々な役割

 

 

 

・長い目で企業イメージを発信していくブランディングツールとしてのランディングページ。

 

・ターゲットごとに訴求や見せ方を変えていくマーケティングツールとしてのランディングページ。

 

・商品やサービスに限らず、採用ツールとしてより簡潔に魅力を発信していくリクールティングツールとしてのランディングページ。

 

多用な側面から、良いランディングページを追求していきます。
良い商品には、良いランディングページが必要であることを実践を通じて、証明していきたいと思います。

 

>> 前回の記事 ブランディングとコンバージョン率向上を両立させるLPデザイン