KAIZEN REPORTブログ

2014.3.20 | LPデザイン制作の改善

ランディングページは、長い方が良いか?それとも短い方が良いか?

ランディングページは、長い方が良いか?それとも短い方が良いか?

 

「ランディングページは短いほうがいいんでしょうか?」それとも、「ランディングページは長いほうがいいんでしょうか?」

 

多くのお客様からよく聞かれる質問です。

重要なことは訪れた人に、その商品・サービスの価値を適切な順番で伝えることができるかどうかということにほかなりません。

 

どういう目的を達成したいのか?から伝えるべき内容が洗い出されるため、コンテンツのボリュームにランディングページの長さは自ずと比例してきます。

 

 

 

たとえば、ランディングページが短くなる場合は、

 

・商品の強みがシンプルでわかりやすい

・無料で使える(もらえる)メリットが強い

 

のようなケースがあげられます。

 

また、ランディングページが長くなる場合は、コンテンツを多くせざるを得ない理由がもちろんあります。

たとえば、以下のようなケースが該当するのではないでしょうか。

 

・説明がなければ、良さが伝わりづらい商品やサービスの場合

・まだ認知されてない、商品である。

 

 

このようにケースバイケースでランディングページの長さ、つまり、必要なコンテンツ(説明)の量は異なってきます。

短いランディングページでコンバージョンをしっかりと獲得できているランディングページの例をあげますと、たとえば、以下の企業様のランディングページがあります。

 

事例紹介「短いケース」

 

 

ソーシャル系大人女子専門キャスティングサービスの ランディングページ

 

ソーシャル系大人女子専門キャスティングサービスのランディングページ

タレント、俳優、モデルなど「大人女子」に特化し、1,000人以上のキャスティングコミュニティを持つ株式会社エイスリー様のランディングページです。

こちらのランディングページは3回のリニューアルを経て、次第に短く改善していきました。 

ユーザーが閲覧しているコンテンツエリアが明確であるため、そこを起点に改善・運用を繰り返してきました。

 

 

初期リリースから1年数ヶ月が経過していますが、安定して高いコンバージョン率をキープされています。

 

 

 

 

事例紹介「長いケース」

 

トラック買取サービスのランディングページ

 

トラック買取サービスのランディングページ

トラック・重機の高価買取サービス”トラックファイブ”様のランディングページ

こちらのランディングページの場合は競合他社が多数せめぎあうトラック買取マーケットの中で、他社にはない、顧客満足を追求したサービスの魅力をひとつひとつしっかりと説明したランディングページです。

リリース直後からコンバージョン数が増大し、獲得効率の高いランディングページとなっております。

 

ご紹介したのはほんの一例ですが、これまで様々なパターンのランディングページ制作を担当してきたコンバージョンラボとして、長さについては明確な正解がないというのが、現時点での見解です。

 

ただ、必要に応じて、短いランディングページにコンテンツを付加する場合もありますし、長いランディングページをより短くしていくこともあります。

 

 

 

まず、ランディングページを作る前に、何を伝えたいのか、最適なコンバージョン設定ができているかどうか、そこに到達するまでの、抜け漏れやムダがないかどうかなど、見極めていくことがとても重要です。

 

 

 

>> 前回の記事 長期間使えるランディングページとは