FAQ分析・改善についてのご質問 & 回答一覧

分析・改善についてのご質問

すでにLPを持っているのですが、その分析・改善をお願いできますか?

対応可能です。まずは既存LPについての課題や制作意図についてお聞かせください。
分析手法の見直しから改修/検証案まで含めて、継続的な改善フローを提案いたします。
また、既存LPの仕様にもよりますが、状況に応じてpsdデータを提供頂く場合もあります。
詳しくは、こちらのランディングページ分析・改善支援サービスをご確認ください。

制作を依頼した後の分析・改善のフォローもしてくれますか?

もちろん可能です。ランディングページは定期的に改修しないとパフォーマンスは徐々に下がっていく傾向があるため、作って終わりのスタンスではなく、継続的に成果が出るよう分析・改善・報告の流れを一定期間のサイクルで回していくサポートを積極的に行っています。具体的には、GoogleアナリティクスのWebテストやGoogle オプティマイズのA/Bテストツール、また弊社で開発・保有しているLPO支援ツールCVXで、ページの定期的な改善支援を行っております。

その他、毎月の数字や分析結果、得られた考察なども詳細なレポートにまとめて定例会議でご報告を行っております。詳しくは、こちらのランディングページ分析・改善支援サービスをご確認ください。

定例の打ち合わせでは何をしてくれるのですか?

期間で締めた集計データにおける分析レポートの報告とランディングページの改善案を都度提示しています。また施策によっての成果の善し悪しや考えられる要因などの仮説や考察もあわせて報告し、クライアント様の社内にできるだけ有益な情報資産として蓄積されるようフォローアップしています。また、分析・改善作業の過程で新たな課題が見つかるケースも多々ありますので、基本的には状況にあわせて柔軟なフォロー・ご提案を行っています。

分析・改善の期間は決まっていますか?

推奨は6ヶ月~としていますが、状況によっては3ヶ月~でも対応しています。広告投下量や検証期間の長短に応じて、3ヶ月では検証しきれない場合もありますので、具体的な打ち合わせを通じて、最適な期間や改善フローについてもご提案させていただきます。

既存ページを分析し、その分析結果をもとに、リニューアル内容を提案してもらえますか?

サイト分析は深いところまで分析する必要があるため、有償サービスとなりますが、サイトやページの問題点抽出から改善案の提示まで、すべて対応可能です。詳しくはお問い合わせください。

分析ツールには何を使っていますか?

Googleアナリティクスやヒートマップ分析ツールであるPt-engine、ユーザーアンケートのツールを主に使っています。また、クライアント様でその他ツールを利用されているケースもありますので、基本的に柔軟に対応しています。また、案件によってコンバージョン率以外にも、押さえておくべき指標もありますので、打ち合わせを通じて定点観測が必要な分析指標をクライアント様ごとにカスタマイズしています。ランディングページ改善運用の4つのポイントの記事もよろしければご参照ください。

制作後の改善ではどのようなデータをもとに提案をしてくれるのですか?

利用する分析ツールによりますが、Googleアナリティクスの場合、LPにおけるCVRのデータや、ページ分析に必要な基本的な指標から、ユーザー側の性別/年代別データ、流入経路ごとのパフォーマンス分析、ファネル分析、2ndページ分析など多岐にわたります。
また、過去の広告運用データやレポートなどもシェアいただき、広告の分析から着地ページの分析まで行い、ボトルネックを抽出するよう心がけております。

その他、ヒートマップ分析ツールによるページの詳細な定量分析やユーザーアンケートなどの定性分析も実施し、多面的に情報を集めランディングページの改善案を継続的にご提案しています。

その他の質問

初期制作についてのご質問

回答を見る